ボリビアのラパスは富士山より高かった・・。

卒業旅行で日本人のいない異国に行きたいと思い、ボリビアに行きました。

あまり日本人が行くことがない南米、ボリビア。ペルーとチリの近くにあります。首都ラパスは何と標高4000メートルなんです!まだ20代前半で深く考えることのない私は、高山病なんて関係ないよねー、と他人事の様に考えラパスへ。日本からアメリカのダラス、チリのサンチャゴを経由してボリビア入りしました。
街には民族衣装を着て長い三つ編みをしたネイティブの女性達が列をなして歩いていたり、露店を出していたり、日本とは違う空気に触れとても楽しく1日目を過ごしました。

2日目の朝、何となく頭が痛い気もしましたが、気にせず観光をしていました。そしていつも通りつい、急いでいたため走ってしまったのです!すると何と息が出来ない!そうここは標高4000メートル。空気がとっても少ないのです。何とか呼吸を整え、深呼吸をしてはいけない事を知り、気をつけて1日を過ごしました。
そして夜、知人宅に呼ばれてワインを戴きました。すると1時間後、息ができない!頭が痛い!走ってもないのに!そう、アルコールの摂取も酸素がたくさん必要だったんですね。当時若い私はそんな事知らず・・。でも一緒に飲んでいた現地在住の知人は全然平気なんです。何でも長く住んでいると少ない空気に体が慣れるそうです。

息ができず苦しい私は急いでホテルに戻り、病院に行こうかフロントマンに相談すると「よくある事」と言わんばかりに(スペイン語なのでよく分からないけど)酸素ボンベを貸してくれました。スキューバーダイビングで使うような大型のボンベです。確かに酸素ボンベを吸ってると深呼吸もできるし頭痛も治まってきました。それをキャスター付きの台車で引きずりながら部屋に戻り、酸素を吸いながらその夜は寝たのでした。

翌日、ラパスの空港からチリに戻りました。早く低地に行きたい私は飛行機が飛ぶのを心待ちにしていました。すると何ということでしょう!滑走路をほとんど走ることなく飛行機が飛んだのです!あれ?滑走路短くない?と思ったら気のせいではなく、標高4000メートルからの離陸は(長い)滑走路いらずなのでした。

いろいろありましたが、「もう一度オリビアに行きたい!!」という思いが捨てきれず夫に頼み込んで一人旅をすることに♪「自分の貯金から旅費は出す」と言いましたが、じつは専業主婦でも借り入れできるところから家族に内緒で借りちゃいました。銀行相手なら安心ですし、人生は一度キリですからね!

※家族に内緒で借りたい方に参考サイト・・・専業主婦借り入れ

宝くじは買わない。

カラコンが~”(-”"-)”片方なくなってしまった・・・予備がないから今日一日落ち着かない((+_+))

さっき急いでいつも購入しているところに注文しました(´・ω・`)

カラコン注文したら即日発送してくれるから便利でいつもココで注文してます☆

皆さんはサマージャンボ購入しましたか??私は・・・

宝くじですが、タイトルにもキッパリ書きましたが、私は買ってない派ですね。 何故かと言うと、これは、我が家の祖母と両親の姿を見ての結論なのですが、要するに結論から言うと、どちらも買い続けましたが大金と呼べる金額を当てた事が今までに無いのです。

最高で5万も行っていないと思います、当たった金額。

まあ両親の場合、1万円以内しか買ってないので、両親の場合は熱心に買ってるとは言えませんけどね。 祖母は割とマメに買っていたようです。詳しい金額までは知りませんが、若い頃から買い続け、歳を取り、他界するまで買い続けましたが、結局大金は当たらなかったようです。運が悪いのかそれが普通なのか、私には分かりませんが。

なので両親は買うにしても1万円以内と決めているようです。両親曰く、買わないと絶対に当たらないから夢くらい見させてくれ、と言う事のようですが、超現実的な私から見ると、その分貯金した方が色々な意味で夢が見られると思うんです。

仮に、年に宝くじに1万円使ったとして(実際には大型の宝くじは毎回買っているので、もっと金額を使っている筈ですが)10年続ければ10万円貯金が出来ます。 そっちの方が現実的じゃないかと私は思ってしまうのです。 一万円かけて叶うか分からない夢を見るより、一万円かけて300円数枚しか当たっていないと言う現実的な落胆の方が大きいと私は考えてしまうのです。 ハナからその一万円が無かったと思えばいいのかも知れませんが、現実主義な私はどうしても、そうは思えません。

なので宝くじは買わない派ですし、ギャンブルも仮想現実の中の中でしか楽しみません。お金は大事ですからね。

 

結婚イコール家庭を持つということでしょう。

結婚相手に求めることは、家族や家庭を一番に見てくれる人です。 幸せになるためにしていることが、家族の営みだと思うのです。 家庭や家族を一番に見るということは、学校行事があればそちらを優先して行ける人であることや、お金をギャンブルなどに使わない人でないと、普通の生活というのは出来ないと思います。

私の周りでも借金地獄みたいになって首が回らなくなって、借金についての相談をしてなんとか潜り抜けたっていう人もいます。その人は結婚もしていて子供もいました・・・

何とか持ち直したから良いとは言えませんが良かったものの自己破産とかそんなのになっていたら・・・なので普通の生活をしていける人がいいですね。

女性が、仕事を続けることに反対はないですが、家庭よりも仕事を優先するような人ではいけないと思います。 仕事とお金が大事なことは当然ですし、今の時代はさらに共働きが主流にはなっているので、仕事をすることは仕方がないと思います。

その分、余計に家庭環境を管理出来る人がいないと、家庭がむちゃくちゃになるということも分かっています。 仕事が多くて、お金があればあるほど、忙しさとストレスで離婚する確率は増えてくると思うのです。

ストレスも時間のなさも、離婚の原因は仕事なのですが、女性の場合は離婚をしても生活が成り立つと思っているから離婚に発展してしまうのです。 全て仕事が離婚に繋がってしまうことが、怖いのですね。 女性の仕事への期待は大きくてもいいのですが、結婚生活において仕事を持ち込むと結婚生活は長続きしないと思うのです。

家庭の為に身を粉にして働いてくれる人であれば、多少の外見が悪くても良いと思います。 美人は3日で飽きます、とは言いませんが、見てくれが悪いことよりも性格が悪いには、心が受け付けてくれなくなります。

一緒に生活する人は、価値観が同じような人でないと、続かないと思いますね。 家庭が一番だと思ってくれている人が、一番の理想ですね。

初めてのエルメス皮バッグ

今から約4年ほど前に海外旅行に行ってきました。

北イタリアツアーで訪れたポルトフィーノといった所です。 船で上陸したその町は、かつてゴクミとアレジのデートが目撃された高級リゾート地です。

こぢんまりとした港で噂の高級リゾート地とは思えなかったのですが、並ぶお店は高級ブランド店ばかり、その中にエルメスのお店を発見しました。

以前より欲しかった丈夫でスタイリッシュなエルメスの皮バッグ。

日本ではお値段が高く、直営店でも品揃えが少ないため、予算にあった気に入りのものを見つけるのは至難の業です。

ただでさえ小さい町の小さなお店、半信半疑で入店すると、目の前にどどーんと皮のショルダーバッグが鎮座しています。

ほどよい大きさ、色もグレー、一目で気に入ってしまいました。

その時、外国のブランド店のスタッフは、服装で判断して売ってくれないこともあるよという友人の言葉を思い出しました。

ツアー中、カジュアルな格好でしたが、接客スタッフは素敵な笑顔を浮かべています。

「絶対ここで買う」と想いを強くして、価格を確認、30万円強で予算をオーバーしていますが、がんばれば手に入るお値段です。

スタッフとの出会いも購入の決め手となりました。

何も言わずとも、丁寧にラッピング、袋にリボンまでかけてくれて、気持ちよく送り出してくれました。

いまだに活躍中のこのバッグ、丈夫で収納力抜群、シャープな中に可愛いらしさもあり、決断して良かったと思わせるお気に入りの品物です。

さすがに旅行から帰ってきて1~2か月は、ついお金を使いすぎてしまい、金欠状態が続きましたがね。。。その間は仕方なくお金を借りて生活した日もありましたが、やっぱり旅行に行って、好きな物を買えるっていいですよね(^^)/

海外旅行なんて、一生のうちでも何回も行けるようなものでもないですからね。このバッグも私の中では一生の思い出の品ですね(^_^)v

前の彼氏への未練がある

付き合ってもうすぐ一年になる彼氏がいます。

大切にしてくれているし、私も嬉しいのですが、心の中で前の彼氏のことがずっと忘れられません。

内緒にしていますが、ふと前の彼氏を思い出したり、比べてしまっていたりします。 時々は、こうして今隣にいるのが前の彼氏だったらどんなによかったかと思ってもしまいます。

今の彼氏がもっとしっかりとしてくれていれば私も大好きになれるのだろうけど、なんとなく女にはだらしないような気もするし、消費者金融からの借り入れもしていて、それの返済に追われる月日・・・デートと言えばほぼ家。外食をしようとしてもガストとか。たまには少し高いものも食べたいなって思うんだけど、それを言うと口癖のように金がないばかり・・・月末になるとたまにお金を貸して欲しいとまで言われることもあります。返済日が月末らしくて、それを返済するとお金が手元に残らないとか!!なのでお金が入った時に一万円預かるように今はしています。こんなにお金にルーズな人にお金なんて貸せれるわけないですからね((+_+))

元々前の彼氏とは嫌いになって別れたというわけでもなかったので引きずってはいたのですが、今の彼氏に押されて付き合うことに決めました。 この時点で自分自身後悔でいっぱいです・・・

何度か過去の話を聞かれた時がありましたが、決して前の彼氏への強い思いは言いませんでしたし長い間未練があった事も内緒です。 言うとすんなりと別れれるかもしれませんが・・・

そして現在までも前の彼氏のことが忘れられず、いつか忘れたいと思いながら付き合っているのです。きっと、今の彼が改善されない限りは忘れることはないとは思うのですが・・・

女性の敵は女性?

元々、働く事が大好きだった私。
それが妊娠を機に仕事を辞め、出産後は完全に育児に掛かりっきりになって、もうすぐ1年が経とうとしています。育児は初めてなので、あっという間に1年が過ぎていきましたね。仕事も大変ですが、育児もなかなか大変です。思うように赤ちゃんは動いてくれませんから。
子供が幼稚園か保育園に入るまでには、社会復帰しようと思っていますが、周囲は「2人目を生まなきゃならないのに、社会復帰なんて何を言ってるの?」「子供が小さいうちは家にいてあげるべき」など、自分の価値観を押し付け、私が働きに出る事に非常に後ろ向きです。
女性が妊娠出産を経て、再び社会へ戻ろうとする時、子供のいる女性が社会との関わりを持つ事に否定的なのは実は女性が多いという事も、経験して初めて知りました。
勿論、子供は掛けがえのない存在です。
しかし自分の生き方にこだわる事がそんなに行けない事なのか、疑問です。みんな自分の価値観を正当化するために、人にその価値観を押し付けようとするんでしょうね。

私が思うに、これからもう一人を生むからということになると、子供にかかるお金も単純に2倍になるということです。それでしたら、ちょっとでも今から働いてお金をためておくということは大切なことなんじゃないかと思うのです。ちょっとでもためておけば、子供の進学の時と蟹楽ですからね。

なのに働きに行きづらい状況になっている今がすごく不安というか不満ですね。まあ、日とのことを気にしてもしょうがないので働きに行く気ですけどね。

もしお金に困って消費者金融でお金を借りないといけないという状態になるのはどうにか避けたいと思いますので。でも今は消費者金融で借りている主婦の方も多いみたいですよ。

生活する為に消費者金融で借りるようなことになってしまえば、あとのことを考えるとぞっとしますよね。やはり働くべきだなとつくづく思います。

多分、私に働くなといっている人の何人かはお金を借りているんじゃないかと私は推測しているのです。

韓国・ソウル

大学の卒業旅行で、仲の良かった4人で韓国のソウルに行ってきました。

ソウルは近いしいいですよね。日本人の観光客も多く、至る所で日本語も通じますしね。

旅の目的は、やっぱり買い物ですね。韓国は美容品が豊富に売られていて、しかも安い。

女性には本当に嬉しいですよね。

BBクリームを大量にまとめ買いしちゃいましたよw

食事も美味しかったし、また行きたいですね。