女性の敵は女性?

元々、働く事が大好きだった私。
それが妊娠を機に仕事を辞め、出産後は完全に育児に掛かりっきりになって、もうすぐ1年が経とうとしています。育児は初めてなので、あっという間に1年が過ぎていきましたね。仕事も大変ですが、育児もなかなか大変です。思うように赤ちゃんは動いてくれませんから。
子供が幼稚園か保育園に入るまでには、社会復帰しようと思っていますが、周囲は「2人目を生まなきゃならないのに、社会復帰なんて何を言ってるの?」「子供が小さいうちは家にいてあげるべき」など、自分の価値観を押し付け、私が働きに出る事に非常に後ろ向きです。
女性が妊娠出産を経て、再び社会へ戻ろうとする時、子供のいる女性が社会との関わりを持つ事に否定的なのは実は女性が多いという事も、経験して初めて知りました。
勿論、子供は掛けがえのない存在です。
しかし自分の生き方にこだわる事がそんなに行けない事なのか、疑問です。みんな自分の価値観を正当化するために、人にその価値観を押し付けようとするんでしょうね。

私が思うに、これからもう一人を生むからということになると、子供にかかるお金も単純に2倍になるということです。それでしたら、ちょっとでも今から働いてお金をためておくということは大切なことなんじゃないかと思うのです。ちょっとでもためておけば、子供の進学の時と蟹楽ですからね。

なのに働きに行きづらい状況になっている今がすごく不安というか不満ですね。まあ、日とのことを気にしてもしょうがないので働きに行く気ですけどね。

もしお金に困って消費者金融でお金を借りないといけないという状態になるのはどうにか避けたいと思いますので。でも今は消費者金融で借りている主婦の方も多いみたいですよ。

生活する為に消費者金融で借りるようなことになってしまえば、あとのことを考えるとぞっとしますよね。やはり働くべきだなとつくづく思います。

多分、私に働くなといっている人の何人かはお金を借りているんじゃないかと私は推測しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>